おとなしのたき 特徴 分岐瀑・斜瀑・渓流瀑
音無の滝 概要 紅葉の名所である大原の三千院から、東の山中へ遊歩道を0.5km(徒歩約15分)程の所に一の滝(別名:音無の滝)があります。さらにその上流には、渓流瀑や二の滝・三の滝があります。流域面積が小さく水量はあまりなく、そのためか滝の表情は上品な感じに映ります。全体に二次林が沢を包んでいますので、秋の晴れやかさは期待できません。
地  域 26:大原/南東N
山行日 2006.12.16、(晴/曇)
山行図 比叡山北尾根0612
Mapion 京都市左京区
大原の里:2006年秋、師走の煌き
滝悠遊-京都洛北
歩ッ歩ッ歩:山もゆる、一歩一歩の沢めぐり
山聲-TOP
   一の滝
(別名:音無の滝)
渓流瀑
二の滝
三の滝
なるほど・・・・