せりたにびょうぶいわ/402ほう ルート 路傍P(10:40)〜登山口〜屏風岩崖下(11:05)
〜小屏風岩(11:15)〜屏風岩(11:35/11:50)
〜屏風道(12:00)〜402峰(12:45)〜P(13:10)
芹谷屏風岩/屏風402峰 シュミレーション
地  域 25zn:彦根東部/南東SW 概要 屏風岩は芹川(芹谷)の中央付近右岸にあり、幅約200m、標高差約50mにわたって形成され、大きく2箇所の岩壁からなっています。芹谷からもその一部が望遠でき、登攀を楽しむ人たちを見かけます。屏風岩へのルートは、涸沢の谷筋を遡上するルートと斜面を直登するルート、そして山岳道路から斜面を下るルートがあります。いずれも距離は短いのですが、急斜面で細心の注意が必要です。編集子は残念ながら岩登りの技術がありませんので、カメラスケッチだけに留めました。しかしながら小屏風岩(西)から屏風岩(東)に進む道は、ロープが張られている所はまだしも、つかみどころのない急斜面もあり、簡単には寄せ付けてくれません。通常、車で屏風岩のある屏風地区へは、水谷地区から屏風地区への山岳道路を利用するのですが、芹谷から集落への旧道があります。これを利用して屏風地区の南に張り出している402峰へも足を延ばしてみました。
Mapion 滋賀県多賀町
標  高 402m/180m=222m
距  離 約3.5km、斜度:max45゜
体力度 23P、☆
山行日 2007.04.10、(晴)
形  態 日帰り、1名
時  間 所要02:30/歩行02:00
アクセス 自家用車、00:20
備  考 屏風岩近辺:急勾配
山悠遊-滋賀北鈴鹿
歩ッ歩ッ歩:山もゆる、一歩一歩の山あるき
 ↑
屏風岩
屏風402峰
 |
 ↓
霊仙山
  ↓
イワス
高取山(男鬼)
 ↓
向山(芹川南)
     ↓
杉坂山
  ↓
アミダ峰
  ↓
青竜山山頂(標高:333m)、撮影日:2003.11.26、屏風402峰から南南西に約5.3km
向山(芹川北)
 ↓
2007.04.07に水谷〜イブキ山行で山岳道路から屏風岩を見に斜面を降りたのですが、途中で約15mの崖に阻まれ、小雨だったこともあり、やむなく引き返しました。好天に恵まれた今日、仕事の合間を縫って屏風岩を下から見ようと出かけてきました。登山口に立ち、標高差約130mを登るのに、しばし躊躇したのですが、太陽に背中を押され、登ることにしました。動き出した足は止まりません。結局、屏風集落までも・・・・
石灰岩特有の前傾壁を有する芹谷屏風岩は
多くのクライマーが活動されています
マナー等の問題でトラブルもあったようです
山行する所は、法人所有の山や
個人所有の土地を通行することもあります
私達もマナーを守りましょう、自己責任で・・・・
10:40 芹谷路傍駐車(空地あり)
 ↑
芹谷屏風岩
河内→
←栗栖
  ↑
涸沢登山口
  ↑
涸沢登山口
←栗栖
河内→
涸沢  暫く進むと小屏風岩(直進)と
屏風岩(右上)/屏風道(右)分岐です
←河内
栗栖↑
登山口から少し登った所からの芹川(芹谷)
←桃原地区
  (橋を渡って)
芹谷小屏風岩(西側)が見えてきました
11:05 涸沢の崖下です
     高さは約15mほど
     右側に小屏風岩があります
崖下からの南東側展望
アミダ峰
  ↓
向山(芹川南)
  ↓
崖下から涸沢(登ってきた所)を俯瞰
崖下から芹谷小屏風岩(西側)を眺めます
屏風岩、上部で前傾しています
      蜂の巣跡があります
芹谷小屏風岩(西側) 核心部のいろいろ
垂直の壁 岩肌のアップ
環付アンカーが打ち込まれています
岩壁の足元を縫ってきました
芹谷小屏風岩(西側)の全貌を見返る
といっても樹木で見えません・・・・
ここでは、まだ余裕がありました・・・・
岩肌に咲く可憐・・・・
11:35 芹谷屏風岩(東側)、クライマーが見えます
   この先、足元大変、草にしがみついて・・・・
屏風岩を西側から東側へ
急な斜面を横切ります
  ↑
木の向こうに洞窟
屏風岩の核心部
庇:オーバーハング(3枚合成)
芹谷屏風岩(東側) 登攀シーンのいろいろ
芹谷屏風岩は
大きく分けて2箇所あります
西側にあるのが芹谷小屏風岩
東側にあるのが芹谷屏風岩
※本hpでは(西側)(東側)で注釈

運よく一組のクライマーが
芹谷屏風岩(東側)で
アタックされていました
西側から斜面を登ってきた
編集子に気がつかれたので
撮影の許可を求めた所「OK」
かくして
いろんなシーン(約15分間)を
お届けできることになりました
クライマーさん
ご協力ありがとうございます
ファインダーを覗いていたら
いきなり「テンション!」と大声
びっくりして見上げたら
クライマーは宙ぶらりん
すぐに体勢を取り直して一息
パートナーとの信頼関係が
すべてだということを
目の前で教えられました・・・・
クライマーさんは
ただいまルートを思案中・・・・
岩壁がオーバーハング(前傾)
しているのがよくわかります
この写真 斜めに向けているのではありません
正常体勢で撮影しています
でも、立っているのがやっとですが・・・・
樹木と岩壁が前傾しているので
斜めのように見えているのです
11:50 下山開始
芹谷屏風岩(東側)から
芹川(芹谷)を俯瞰
青竜山
  ↓
アミダ峰桃原北稜線
   ↓
屏風岩の南斜面
傾斜角45度
直立では降りられません
←蜂の巣跡
まるで魚眼レンズで撮影したような・・・・
林道が山中に延びています
12:00 屏風道分岐
    5つのルートが交差しています
↑屏風集落
←屏風岩
芹谷山道↑
芹谷涸沢→
小屏風岩↓
↑屏風道
←屏風岩
←小屏風岩
芹谷山道→
芹谷涸沢↓
12:20 屏風集落(標高:400m前後)
県道水谷分岐から
山岳道路がここまで
舗装道路できています

梅と桜の花が
同時に開き始めました
旧道は
一旦林の中へ吸い込まれます
402峰はこの近くにあります
屏風集落は前方の光の中
鍋尻山
  ↓
鍋尻山
  ↓
向山(芹川南)
  ↓
旧道から一部展望が開けています
東側の展望になります
南側は樹木が邪魔をしてあいにくです
西・北側は山・・・・
屏風集落の鎮守様
12:30 堰堤まで足を延ばしました
    きりがないので、ここで方向転換・・・・
屏風集落を一周してきました
道路が曲がっている所が集落の入口部広場
芹谷↑
屏風↓
↑402峰
屏風402峰:分岐
←旧道分岐
12:45 屏風402峰:最高所
屏風402峰は林の中にありました
山小屋があったようで
廃材がありました
展望はありません
旧道(生活道路)を下山
といっても、かなり急です
片面は崖で、身体は自然に
山側を沿って歩いてしまいました
所々にある木電柱が往時を物語っています
↑一般道出合
↓旧道
河内↑
栗栖↓
下山口とした
旧屏風道入口です
芹谷小屏風岩(西側)の望遠
     駐車場付近、芹谷対岸から
芹谷屏風岩(東側)の望遠
     駐車場付近、芹谷対岸から
13:05 下山口
↑栗栖
↓河内
屏風↑
屏風岩の遠景
屏風岩
 ↓
    ↑
山岳道路
 
涸沢
屏風道入口↑
河内→
↑栗栖
13:10 駐車場到着
     さあ、帰って昼食にしよう・・・・
イブキ
  ↓
パートナー→
クライマー→
向山北尾根
 (仮称)
  ↓
向山北尾根
 (仮称)
  ↓
向山北尾根
 (仮称)
  ↓
アミダ峰
  ↓
堰堤から南東側展望
←山中
屏風↑
ルート・シュミレーション はこちらから
山聲-TOP
撮影日:2007.04.10

01 岩に咲くスミレ
02 岩に咲くスミレ
03 ミヤマカタバミ
04 ミヤマカタバミ
05 シャガ
06 シャガ
07 カキドオシ
08 カキドオシ
09 ミツバチグリ
10 ミツバチグリ
11 ハコベ
12 ハコベ
屏風山中にて
(滋賀県多賀町)
山中の彩り:12枚