あみだだけ ルート P(09:35)〜阿弥陀岳取付(10:10)〜西尾根670峰
〜北尾根出合〜阿弥陀岳(12:20)〜柏原道出合
〜ルート最高点〜横崖分岐〜漆ヶ滝〜P(16:20)
阿弥陀岳(霊仙) シュミレーション
地  域 25zn:霊仙山/北西SW 概要 霊仙山の北の支峰に位置する阿弥陀岳は、阿弥陀山とか阿弥陀峰、阿弥陀ヶ峰などと、さまざま呼び方をされているようです。当hpでは、登山道標識に記載された「阿弥陀岳」を採用しました。全国各地にもあり、山と信仰とは表裏一体であることが認識できます。遠方からこの山を見ると、山頂部が象徴的に聳え、その存在を忘れようとさせない不思議な魅力があります。ルートは上丹生からと梓河内が主ルートのようですが、国土地理院の1/25000図にも記載がなく、読図力が要求されます。さらに踏み跡も少なく、樹林に入ると方向感覚が失われ、行き先がわからなくなる恐れがあり、感覚的には難しい山の一つです。マーカーもあるのですが、目的外の方向についている場合もあり、注意が必要です。山頂付近の樹間からは、霊仙山の北峰が望めます。今回のルートはイモエ谷から進入し、霊仙柏原道を横崖に進み丹生川を降るコースを辿りました。
Mapion 滋賀県米原市
標  高 876m/180m=696m
距  離 約11.5km、斜度:max33°
体力度 62P、☆☆☆
山行日 2004.12.18、(晴)
形  態 日帰り、1名
時  間 所要06:45歩行05:55
アクセス 自家用車、00:30
備  考 ルート不明確、迷い易い
丹生川渓谷から阿弥陀岳を見上げました
首が痛くなるほどの急傾斜です
上丹生ルートの核心部:難所です
急勾配の上に岩が露出し
写真では迫力が伝わりません
百聞は一見にしかずデス・・・・
阿弥陀岳山頂から
東に脚を向けると
梓河内からの
霊仙山登山道と合流します
この間は
先のパーティーのマーカーに
惑わされないように、ご注意を
そこから
更に高度を上げると
柏原からの登山道に
合流します
そこは7合目地点にあたります
阿弥陀岳が樹間を透して
かすかに望めます
左の急傾斜部の法尻に
丹生川渓谷があります
山頂部ですが標識もなにもありません
眺望もあまり期待できません
あと標高50mほで山頂です
この位置に、霊仙寺があったと言われます
いまでは、標識に明示されているだけで
遺構の形跡は見当たりません
辺りは一面カレンフェルトで
その岩の一つ一つは苔に覆われ
時の流れを物語っています
ここに至る急勾配といい、その道程といい
簡単には参詣に行けないところですが
これも信仰の力なのでしょうか・・・・
霊仙山北峰の山容
真昼の日差しにシルエットで浮かび上がります
阿弥陀岳の山頂部が視界にとらえられました
目の前にお碗を伏せたような感じで現れました
この部分が遠くから象徴的に
尖って見える部分です
霊仙山の山容を、遠くから見つめていますと、山頂部の側に離れずに聳えている特長的な峰があります。阿弥陀という文字を冠したお山です。(あみだ:西方にある極楽世界を主宰するという仏)
霊仙山の北の衛星峰として知られる阿弥陀岳は、霊仙三蔵にゆかりの霊仙寺の阿弥陀堂が山頂近くにあったとかで、こんな名前が付けられているという伝承があると聞く。(三蔵:経・律・論に通達した高僧の敬称、西遊記のモデル:玄奘三蔵が知られている)
尾根伝い右に霊仙山を垣間見ながら進みます
林道とはここで分かれ、標識に促されて
登山道は右の山に入ってゆきます
ルート・シュミレーション はこちらから
イモエ谷林道始点
右のフェンス内の施設は米原浄水場
右に行くと霊仙山登山口です
車の方は、この先700mに駐車場があります
阿弥陀岳の山容(滋賀県近江町にて)
とにかく目立っています
これが林道、涸沢では・・・・
2004.10.20、台風23号の影響で
林道がいたるところで寸断されていました
うっそうとした樹林の中、方向感覚が変に・・・・
道に迷いながらも670mの峰に到着
急傾斜の岩部分から阿弥陀岳の山頂部をみつめました
渓谷のハイライトゾーン漆ヶ滝
山悠遊-滋賀北鈴鹿
歩ッ歩ッ歩:山もゆる、一歩一歩の山あるき
山聲-TOP
滝の詳細 はこちらから