ごしきのたき 特徴 直瀑、段瀑、分岐瀑、滝のオンパレード
五色の滝-2005秋 概要 いきなり20m程の高さの急坂を、一気上りで登山道は始まる。地元の方の手により整備された山道を進んでゆく。滝までの行程は約1時間程、途中5回ほど渡渉を繰り返す。沢筋には、次から次へと、渓流や滝が現れる。クライマックスは分岐瀑が見る者を圧倒。辺りは、マイナスイオンで一杯!
地  域 25N:虎御前山/北東E
山行日 2005.11.02、(晴)
山行図 五色の滝0511
Mapion 滋賀県米原市(旧伊吹)
この場所は渡渉が必要ですが
幸い水量が少なく靴も濡れません
二俣に分かれているところの支流です
うっそうとした茂みの奥に白く輝いています
同行者に待っていただいて面会に・・・・落差3m程
水辺の草木も色づいてまいりました、岩肌に薄い衣をかけたようにも見えます
そこで一言、「 木葉化粧 岩に掛けたる 水衣 」
小春日和のこの日
急に思い立って行ける所を思い浮かべたら
絶好のポイントがありました、それがここ・・・・
アクセス:往復2時間、所要時間:2時間
気分転換にもってこいのところです
ただ、この時期は「熊が出るぞ〜」・・・・
最初に現れる滝
次から次へと
小さな滝が現れます
昼なお暗きところです
滝壺がはっきりとした滝が現れました
狭い岩肌を縫うように・・・・
渓流瀑です
ここは渡渉が必要です
木の橋は流されているので
岩を飛んでゆくのですが
滑りやすく緊張の一瞬です
岩肌を縫うようにして滑り落ちてきます
登山道は沢筋にそって
徐々に高度を上げてゆきます
ここは崖ですので怖くて近寄れません

滝・滝・滝・・・・
小さな滝、中くらいの滝、大き目の滝・・・・
さまざまな表情をみせてくれます
落差:5m程の直瀑
水量が多いときは岩肌全幅に
幕がはられたようになります
核心部にやってまいりました
岩肌が白く輝き
衣が掛かっているようにも見えます
上部にあるのはカエデでしょうか
強烈に目を引き付けます
あたりは黄色く色づいているのですが
この付近は幾分抑え気味のようで・・・・
この先に
とどめの滝(辛草命名)があるのですが
掛けられた木橋が流され
渡渉には靴を脱がなければならないので
本日はここまで・・・・
山悠遊:五色の滝-2005(山ある記)

滝悠遊:五色の滝-2003-夏

       水量が多いときの五色の滝にご案内
       とても豪快ですよ・・・・
山聲-TOP
滝悠遊-滋賀伊吹
歩ッ歩ッ歩:山もゆる、一歩一歩の滝めぐり