歩ッ歩ッ歩:山もゆる、一歩一歩の山あるき
おおたきじんじゃ ルート 大瀧神社(09:30/10:30)
大瀧神社
地  域 25zns:高宮/南西E 概要 俗称:「瀧の宮」とも言われ、古来より多賀大社の末社、あるいは奥宮として考えられています。ます。祭神の高(たか)おおかみ神、闇(くら)おおかみ神は、滝の近くに鎮座し、雨をつかさどり水脈を支配して、農作物が繁茂するように大いなる恵みを授けるとされる神です。神社に西面する犬上川の清流は、約10mもの落差を流れ落ちながら、奇岩怪岩の間をうねっていく「大蛇ヶ淵」と呼ばれる景勝の地です。この水が、下流の田圃を潤します。創立は大同2年(807)と伝わり、坂上田村麻呂将軍の願いで建立されたものといわれます。寛永15年(1638)、江戸幕府三代将軍:徳川家光により、多賀大社・胡宮神社と共に造営されました。また、社紋が徳川家の三つ葉葵であるのは、徳川家光が上洛の際に、高宮で病にかかり、「瀧の宮」に平癒の願文を出し加持祈祷を行なわせ、全快のお礼に許されたものとの言い伝えがあります。近くに犬胴松の伝説として、松の古木(枯木)が残っています。
Mapion 滋賀県多賀町富之尾
標  高 154m/140m=14m
距  離 約―km、斜度:max―゜
体力度 ―P、Θ
山行日 2018.04.27、(晴)
形  態 日帰り:1名
時  間 所要01:00/歩行00:20
アクセス 自家用車、00:20
備  考 特に支障なし
高取山
 ↓
駐車場からの西側展望
八ツ尾山
  ↓
犬胴松 詳細はこちらから
クリックで拡大
本殿左正面
手水舎
案内板
二の鳥居神額
二の鳥居
一の鳥居神額
一の鳥居
クリックで拡大
一の鳥居(帰路)
二の鳥居(帰路)
大蛇ヶ淵 詳細はこちらから
冨王(とみおう)稲荷神社社殿
冨王稲荷神社鳥居
狛犬
大雷神社(おおいかづちじんじゃ)
犬上神社(いぬがみじんじゃ)
瑞垣、内部に本殿・犬上神社・大雷神社があります
本殿案内板
本殿右正面
幣殿内部
拝殿左正面
拝殿右正面
拝殿正面
犬上川添いからの拝殿
左側には、神木「小石丸を呼ぶ木」:パワースポット
水鉢
山聲-TOP
山悠遊-滋賀北鈴鹿