阿弥陀山 (あみだやま)
たいさんじじょう
太山寺城
別 名 --
地理院
地図 
緯度:35.336091
経度:135.962045
Mapion 滋賀県高島市
安曇川町武曽横山
標  高 320m/200m=120m
遺構等 土塁、空堀、石垣
現 状 山林+支尾根
築城者 高島七頭のいずれか
佐々木一族
(横山・田中・朽木氏)
築城年 14世紀末から15世紀始めのころ
形 式 山城
規 模 東西100m
南北300m 
天台宗の太山寺があった所を城に改築された模様です。村町時代の「詰め城」「隠し砦」といった機能を持たせた遺構だと推定されています。
  ↑
太山寺城址
撮影場所:安曇川町泰山寺地区、阿弥陀山から東南東に約2.0km
阿弥陀山
 ↓
高面山
   ↓
案内図:看板より
(太山寺里山保全づくりの会)
登り口
上下郭跡の段差部分
堀 切
郭跡、土塁
郭跡、一部石垣が残る
石垣が残る
郭跡、石垣が残る
太山寺城址入口
阿弥陀山登山道からの太山寺城址
中央の林一帯が城跡
山聲-TOP