撮影場所:山本山山麓、山本山から南南東に約2.3km
山聲-TOP
賤ヶ岳
  ↓
山本山城址
   ↓
山本山06.09.02 (やまもとやま)
本丸跡
賤ヶ岳からの南側展望
山本山
  ↓
竹生島
  ↓
やまもとやまじょう
山本山城
別 名 --
地理院
地図
緯度:35.450302
経度:136.206397
Mapion 滋賀県湖北町山本
標  高 324m/90m=234m
遺構等 土塁、堀切
現 状 山林+山頂
築城者 山本義経
築城年 平安時代末期
形 式 山城
規 模 東西100m
南北400m
高倉宮以仁王の令旨を受けた山本源氏山本義定・義経父子の旗上げした陣地跡
治承四年(1180)12月16日、平家の平知盛・資盛の大軍により、全山火の海と化すと伝わる
本丸は高さ2mほどの土塁で囲まれている(案内板)

織田信長の小谷城攻めに際しては、小谷城の支城として地位つけられていたようです。
天正10年(1582年)山崎合戦後廃城
本丸の土塁
二の丸から本丸土塁
二の丸
二の丸の土塁
三の丸、奥に土塁が見えます
本丸の東側土塁
本丸北尾根の堀切と
         遊歩道の板橋
一番馬場跡
土橋
土橋と堀切
二番馬場跡
山本山10.10.31