とらごぜやまとりで
虎御前山砦
別 名 --
地理院
地図
緯度:35.444952
経度:136.263023
Mapion 滋賀県湖北町河毛
/虎姫町中野
標  高 224m/97m=127m
遺構等 土塁、竪堀、堀切
現 状 山林
築城者 織田信長
築城年 元亀3年
(1572年)
形 式 山城
規 模 山域全体
小谷城攻略に際し、織田方が築いた前線基地(砦)です
山頂付近の古墳址を利用
木下秀吉陣跡付近からの小谷山、標高:224m
三角点
  ↓
柴田勝家陣跡付近からの小谷山、標高:210m
撮影場所:虎姫町三川地区、虎御前山から南南東に約1.8km
織田信長虎御前山陣跡推定復元図(現地看板)
虎御前山0710 (とらごぜやま)、虎御前山1309
山聲-TOP
小谷山
 ↓
虎御前山
  ↓
撮影場所:湖北町河毛地区、虎御前山から西に約0.8km
 
虎御前山
 224m
堀秀正陣跡、標高:210m
織田信長陣跡、標高:220m
      ↑
中野登山口
織田信長の小谷城攻略の際、小谷山のすぐ南に位置する虎御前山に築かれた前線砦群です。虎御前山の南北に長く延びた尾根上に古墳が点在している利点を活かし、ほぼ山全体に砦を築き、家臣を配置しました。信長は3回にわたり砦を築かせましたが、小谷城落城後、すぐに壊されました
滝川一益陣跡、この奥に三角点峰
               標高:202.9m
柴田勝家陣跡
       ↓
丹羽長秀陣跡
 ↓
織田信長陣跡
  ↓
信長陣跡
 ↓
三角点峰
滝川一益陣跡
 ↓
虎御前山山頂
  木下秀吉陣跡
        ↓
小谷山
大嶽城址
  ↓
丹羽陣跡
 ↓
滝川一益陣跡
   ↓ 
秀吉陣跡
 ↓
堀秀正陣跡
      ↓
蜂屋頼隆陣跡
小谷城址
 ↓
虎御前山散策マップ