近江の峠:鎌掛峠(一般道)
林道がここから始まる
猪の鼻ガ岳への登山もここから
↑ 林道/登山道
↓ 鎌掛峠
←猪鼻ガ岳
↑ 音羽地区/音羽城址
↓ 鎌掛地区/鎌掛城址
   /シャクナゲ渓/屏風岩
猪の鼻ガ岳 →
標   題 鎌掛峠(一般道)
山 行 日 平成18年11.月25日(晴/曇)
地   域 土山/北西C
Mapion 滋賀県日野町
付近状況 一般道(市道):舗装道路
撮影場所 一般道
リ ン ク 山悠遊:猪の鼻ガ岳/砥山
概   要 鎌掛峠(かいがけとうげ、標高:300m)は南鈴鹿の西側に位置し、日野町の鎌掛地区と音羽地区の間にあります。室町時代には蒲生氏の属城の一つで音羽城があり、鎌掛地区には鎌掛城がありました。ともに1520年代に廃城となり、土塁などの遺構が僅かに残ります。戦略拠点でもなくなり、以降は山村の生活道路として使用されていたことでしょう。峠の東側には猪の鼻ガ岳(標高:581.1m、別名:宝殿山(ほうでんさん)および宝殿ヶ岳(ほうでんがたけ)とも呼ばれています)があり、南側山中には、特別天然記念物のホンシャクナゲの群生地:カイガケ渓と屏風岩があります。歴史や自然を求めてこの峠を通る人も多い。
一般道となっている鎌掛峠
標識はありません
↑ 鎌掛地区
音羽地区 ↑
鎌掛峠
鎌掛峠
山聲-TOP