近江の峠:摺針峠(舗装山岳道)
標   題 摺針峠(舗装山岳道)
山 行 日 平成22年(2010年)01.月29日(曇/晴)
地   域 彦根東部/南西NE
Mapion 滋賀県彦根市中山町
付近状況 舗装山岳道
撮影場所 神明宮・望湖堂跡
リ ン ク 山悠遊:摺針山/高根坂峰(仮称)
概   要 摺針峠(すりはりとうげ、標高:170m、)は滋賀県彦根市の鳥居本宿と米原市の
番場の境にあります。旧中仙道の難所のひとつです。峠を西に下ると鳥居本宿ですが、鉄道が引かれるまでは琵琶湖の内湖が山麓まであり、現在のような平地ではありませんでした。北国街道の分岐でもあり、中仙道の重要な位置であったことは推し量れます。江戸時代、この峠に望湖堂という茶屋が設けられ、峠を行き交う人達は、眼前に広がる琵琶湖の絶景を楽しみながら休憩をしたことでしょう。東国から下ってきた旅人は、山国ばっかりの中山道を歩いて来て、初めて見る大きな湖を目の前にして、その景観に感動したものでしょう。参勤交代の大名や朝鮮通信史の使節、幕末の和宮降嫁の際も当所に立ち寄っています。なお、望湖堂は1991年の火災で焼失しています。
↓摺針峠/鳥居本↑
琵琶湖
 ↓
磯 山
 ↓
佐和山
山系
 ↓
↓望湖堂/鳥居本↑
←鳥居本/番場↑
神明宮・望湖堂址からの旧中山道
峠からの神明宮鳥居
修行に疲れた若い僧侶が
街道沿いの峠の茶屋の老婆の「斧を摺って細くして縫い針にする」という言葉に打たれ、修行に発奮したという逸話があります
その若い僧というのが
かの弘法大師・・・・

その老婆もこの社殿でお祈りしていたのでしょうか・・・・
↓鳥居本/摺針峠↑

望湖堂
↓番場/摺針峠↑
↑番場/摺針峠↓
←鳥居本/番場→
神明宮鳥居と右に望湖堂跡
神明宮の社殿
←米原/摺針峠↑
鳥居本→
中仙道と北国街道分岐に立つ石碑
現在は国道八号
江戸時代には
ここから北方(米原方面)へ直進するのは北国街道です。
山越えするのが当時の主要街道である中仙道でした
摺針峠は
磨針峠とも書かれます
山聲-TOP