山聲-TOP
近江の峠-TOP
近江の峠:根の平峠(県堺)
峠西方向
標   題 根の平峠(滋賀県/三重県)
山 行 日 2001(平成13)年11.月11日(晴)、2014(平成26)年05月30日(晴・黄砂)
地 域 御在所山/北西SE
Mapion 滋賀県東近江市永源寺/三重県菰野町
付近状況 山道
撮影場所 山道
リ ン ク 山悠遊:水晶岳011111羽鳥峰/水晶岳140530
概   要 根の平峠(ねのひらとうげ、標高:803m、千種越:ちぐさごえとも呼称されます)は、鈴鹿山脈の中央部にあり、朝明渓谷(あさけけいこく)と杉峠および甲津畑(こうづはた:神崎川の支流-タケ谷)とを結ぶ峠です。鈴鹿山脈の尾根を北に進むと、水晶岳・中峠・金山・羽鳥峰・釈迦ヶ岳への縦走路、南に進むと、国見岳・国見峠・御在所岳・武平峠へと続きます。旧千草街道として人や物資の往来がありました。
昔、この街道を舞台にした大事件がありました。
元亀元年(1570)5月19日上洛帰途の織田信長は、東海道や八風街道まで佐々木氏や浅井氏、それに一揆勢に道をふさがれ、やむなくこの道を通ったところ、六角承禎の密命を受けた杉谷善住坊が鉄砲で信長を狙撃、玉は信長の身体をかすめたものの、命に別状は無く無事岐阜に辿りつきました。もし、この玉が命中していたら、歴史は大きく変わっていたことでしょう。
水晶岳側から中峠
水晶岳側から中峠
クラシ/イブネ方面
   ↓
西側タケ谷方向
峠南方向
↑国見岳/タケ谷→
←朝明渓谷/水晶岳↓
↑朝明渓谷/国見岳→
←水晶岳/タケ谷↓
峠東方向
↑水晶岳/朝明渓谷→
←タケ谷/国見岳↓
峠北方向
タケ谷方面南側
↑タケ谷/水晶岳→
←国見岳/朝明渓谷↓