しなみやま ルート 醍醐町路傍P(08:30)〜林道終点〜尾根出合
〜指南山最高峰(11:25)〜指南山三角点(11:50)
〜七曲林道出合(13:30)〜醍醐町路傍P(14:15)
指南山 シュミレーション
地  域 25n:虎御前山/南東C 概要 伊吹山の西側に位置する七尾山の北尾根に指南山はあります。その距離、約2.6kmです。浅井町の醍醐町と伊吹町の板並地区を結ぶ杣道から北側が指南山の山系です。郡界尾根の起伏は少なく、山頂部を視認するには、山頂部に並んでいる高圧鉄塔を目標に、何番目の鉄塔が最高点、三角点の峰などと判別します。鉄塔巡視路が郡界尾根を辿っているので、北端の三角点までは支障なく進むことができます。しかし、展望は、四箇所ある高圧鉄塔の切開きのうち一箇所のみで、眺望を楽しむことはできません。山系の北側には、七曲り峠があります。峠を目指すには、顕著な支尾根が派生していないため、地図を頼りに進むことになります。今回、下山ルートに選んだのは、指南山北尾根です。一部杣道がつけられていますが、初見の者が読図によって進むには踏み跡が薄い稜線をひたすら降りることになります。所々で東側の谷に下りる道がついています。
Mapion 滋賀県浅井町/伊吹町
標  高 590m/160m=430m
距  離 約9.0km、斜度:max36゜
体力度 35P、☆☆
山行日 2010.05.04、(晴・曇)
形  態 日帰り、2名
時  間 所要05:45/歩行03:25
アクセス 自家用車、00:40
備  考 北尾根:一部踏み跡なし
指南山
  ↓
指南山
   ↓
指南山最高峰
 ↓
天吉寺山
 ↓
七尾山西山麓からの山容、パノラマ、撮影日:2009.04.22、七尾山から西に約3.5km
天吉寺山
  ↓
七尾山
 ↓
本道(町道)からの南東側展望
14:15 醍醐町路傍駐車地、標高:160m
18:55 林道終点、標高330m
七尾山西山麓からの指南山山容、撮影日:2009.04.22、指南山から南西に約3.9km
指南山北尾根切り開き箇所、標高:500m付近からの北東側展望
指南山北尾根切り開き箇所、標高:550m付近からの北側展望
指南山(しなみやま)、標高:567.9m
三等三角点、点名:當目
11:50 指南山頂上、ここからも西山麓への杣道あり
指南山郡界尾根には4基の鉄塔があり展望はここだけ
高圧鉄塔切り開きからの東側展望
林道入口、醍醐遺跡
里山は、新緑の季節。深緑の針葉樹の中に、萌黄色の玉がポッカリ、ぽっかりと浮かんでいる姿は、まさに「山もゆる、山は呼ぶ」で、山スキな者に限らず、答えられない季節です。今回が四度目の山系訪問です
七曲り峠方面
   ↓
天吉寺山
 ↓
カナ山
 ↓
山悠遊-滋賀湖北
歩ッ歩ッ歩:山もゆる、一歩一歩の山あるき
山聲-TOP
撮影日:2010.05.04

01 イワカガミ
02 イワカガミ
03 イワカガミ
04 イワカガミ
天吉寺山
    ↓
近江高山方面
    ↓
指南山北尾根には一部杣道あり
13:30 七曲林道出合、標高:190m

七曲り峠

七曲り峠
天吉寺山
  ↓
伊吹山
 ↓
伊吹山北尾根
  ↓
650峰
  ↓
ルート・シュミレーション はこちらから
指南山北尾根切り開き箇所、標高:50m付近からの北側展望
郡界尾根出合直前
山中の彩り:04枚
指南山山中にて
(滋賀県浅井町)
ブンゲン
  ↓
天吉寺山
  ↓
カナ山
 ↓
新穂山
 ↓
指南山三角点から北側に少し進んだところ(郡界尾根-七曲り峠)に伐採箇所あり、東側展望あり
←醍醐町/七尾山↓
↑指南山/板並→
←板並/指南山↓
↑七尾山/醍醐町→
←指南山
七尾山→
08:30 醍醐町路傍駐車、標高160m
登山口
指南山最高峰
 ↓
本道(町道)からの北東側展望
本道(町道)からの東側展望
13:45 本道(町道)出合、標高170m
指南山北尾根切り開き箇所、標高:550m付近からの東側展望
指南山北尾根切り開き箇所、標高:550m付近からの北東側展望
郡界尾根出合から七尾山方向へ南下した所の見晴場
指南山最高峰過ぎにある石仏(道祖神)
道祖神は集落と神域(常世や黄泉の国)を分かち過って迷い込まない、禍を招き入れないための結界でもあります(wikipedia)
09:50 郡界尾根出合、標高:570m
七尾山
 ↓
指南山最高峰
 ↓

七曲り峠
天吉寺山
 ↓
虎子山
 ↓
伊吹山北尾根
 ↓
虎子山
  ↓
伊吹山北尾根
    ↓
663峰
 ↓
指南山
  ↓
指南山
  ↓
指南山最高峰
 ↓
ブンゲン
  ↓
虎子山
 ↓
天吉寺山
  ↓
虎子山
 ↓
ブンゲン
  ↓
己高山
  ↓
伊吹山
 ↓
本道(町道)からの北側展望

姉川ダム