山悠遊-福井嶺南
いわごもりやま-いちはし ルート 駐車場(09:20)〜登山口〜尾根出合〜岩篭山
〜インディアン平原(11:50)〜尾根出合(12:35)
〜夕暮山(13:00)〜尾根出合〜駐車場(14:50)
岩篭山-市橋 シュミレーション
地  域 18:敦賀/南東S 概要 岩篭山は、野坂岳、西方ヶ岳と共に、敦賀三山と言われ、敦賀市街からよく見え、人々に親しまれています。登山道は、谷筋の渓流に沿ったコースで、夏でも涼感が漂っています。頂上からは、敦賀三山のニ山をはじめ、北西側には敦賀市街地が一望でき、反転すると琵琶湖の湖北の山々が一望できます。山頂から、東側方向の眼下に目をやると、花崗岩がいくつも転がっていて、近くで見ると、別の世界に来たような、不思議な空間が展開します。これが、よく知られているインディアン平原と呼ばれる所です。同じ道を取って返し、西側のピークである夕暮山に向かいます。ここから、敦賀半島に落ちる夕日が秀逸だと言うことで名付けられたのでしょうか、眺めたいものです。この辺りは、ススキが一面に覆い、快適な尾根歩きが楽しめる。下りの谷道は、事故のないように慎重に脚を運びたいものです。
Mapion 福井県敦賀市
標  高 765m/120m=645m
距  離 約9.0km、斜度:max29°
体力度 48P、☆☆
山行日 2002.10.10、(晴)
形  態 日帰り、1人
時  間 所要05:30/歩行04:20
アクセス 自家用車、01:30
備  考 谷道滑落注意
ススキの穂がたなびく尾根道
     つい歌声がでてきます・・・・
岩篭山頂上
インディアン平原
平原のシンボル「インディアンの頭飾り:編集子命名」
ルート・シュミレーション はこちらから
夕暮山からの岩篭山山容:中央部の峰の向こうに平原がある
頂上、岩の上に登ると敦賀市街地が見えます
歩ッ歩ッ歩:山もゆる、一歩一歩の山あるき
山聲-TOP