みたらいけいこく 特徴 渓流瀑、直瀑、斜瀑
みたらい渓谷 概要 天川村は山岳信仰で知られる大峯山の麓に開ける村です。大峰山系を源とする山上川沿いには遊歩道が設けられ、渓谷美が堪能できる。中でも、みたらい渓谷は、近畿を代表する渓谷として、内外に知られていて、大小の滝や淵、大きな岩壁など、渓谷がかもし出す景観は、おとづれる人を堪能させるにあまりある。紅葉の見頃は10月中旬から下旬。
地  域 29:弥山/北西W
山行日 2003.11.11、(雨)
山行図 天川/みたらい渓谷02 
Mapion 奈良県天川村
渓谷の入口の
橋の上からの展望です
上部にかかるのは吊橋
見えている部分は
ほんのわずか
上部からの眺めは圧巻です

ここから上流に向かって
約1.5km、往復1時間チョット
渓谷の入口は
別の渓谷との合流点にあたり
散策路が設けられているので
時間に応じて
コース設定ができます


ここに紹介しますのは
ハイライトゾーンです
新緑・紅葉と四季折々に
表情が変わります
私たちが訪れたときは
名残の紅葉となり
冬支度に掛りかけていました
土地の方の話だと
早い年は初雪が降る
とのことです
いずれにしても
観光協会に事前に
問合せをされますように
吊橋から上流を眺める
右側にも吊橋がかかっている
二本目の吊橋を渡った所から
下流を眺める
小雨そぼ降る幽玄の世界でした
渓谷の最初に迎えてくれる滝
雨の中でしたが
黄色く色づいた葉と
青い滝壷が
とても印象的です
白い飛沫に
蒼い滝壷

遊歩道の手摺があるから
恐怖感はありません
でも
見つめていると
吸い込まれそうです
岩の間から
流れ落ちる白い帯
そして淵となる
詩情あふれるシーンです
大きな岩が目の前に
水は何処へいったのでしょう
渓谷を少しあがりました
先ほどの吊橋が見えます
V字の谷が小雨にけむります
山肌から
白糸のような滝が生まれています
山聲-TOP
滝悠遊-奈良県
歩ッ歩ッ歩:山もゆる、一歩一歩の滝めぐり