ぬのめがわ/おうけつ 特徴 甌穴群
布目川/甌穴 概要 布目川の川沿いに約500mにわたって木間越しに見えてきます。「甌穴(おうけつ)」とは川底の窪みに渦巻き流が生じて中に落ち込んだ小石が回転しながら河床を深く削り取ってできた珍しい穴のことです。数十万年〜数百万年もかかってできたものと推定されています
地  域 26:笠置山/南東S
山行日 2004.03.28、(晴)
山行図 笠置-飛鳥路0403 
Mapion 京都府笠置町
布目川の清流
上流にかかっている「勧請縄」
これは、集落内に
不浄なものが入らないようにした「しめ縄」です
この水溜りのようなものが
「甌穴」といわれるもの、河床に沢山ある
上流を見る、河床が全面岩盤です
これが小石で掘られると言う
山聲-TOP
滝悠遊-京都府
歩ッ歩ッ歩:山もゆる、一歩一歩の滝めぐり