くうやたき 特徴 分岐瀑
空也滝 概要 清滝から舗装林道を上がり月輪寺への登山口まで行くと、同じ所に空也滝への分岐があります。愛宕山南麓、清滝川支流堂承川の大杉谷にある標高約250mに位置する滝。落差約12mで分岐して落下しす。10世紀頃、嵐山に居住した空也上人が霊場として開いたと伝えられ、現在も滝付近は信仰の対象および修験道の霊場として参拝客が絶えません。 
地  域 26:京都西北部/北西S
山行日 2013.05.21、(曇/晴)
山行図 愛宕山1305
Mapion 京都市右京区嵯峨清滝
分岐斜瀑、落差:50m(目測)、落ち口:10m(目測)、滝壺:小さい
花崗岩の岩肌を勢い良く水が走るその姿は、白い岩肌が青く光るとされ、それが名前の由来
正面全景
側面上部
側面下部
滝悠遊-京都嵯峨
歩ッ歩ッ歩:山もゆる、一歩一歩の沢めぐり
滝前広場
左岸岸壁の石仏
正面鳥居前
正面上部
正面下部
山聲-TOP
分岐瀑、落差:約12m(目測)、落ち口:約2m(目測)、滝壺:なし