やふそがわ-おくのたき 特徴 直瀑
耶斧岨川-奥の瀧 概要 砥山を水源とする北砂川の支流の耶斧岨川(やふそがわ?)を降るとこの滝に出会います。流域面積が小さいため、水量は多くはありませんが、滝壷の大きさ・深さは、規模に比して共に立派です。また、色彩も豊で、秋も深まった折、この葉が舞い散る滝に佇んでいますと、市街地の雑踏がウソのようで、アウトドアの醍醐味を感じます。
地  域 25zs:土山/北西C
山行日 2006.11.25、(晴/曇)
山行図 猪の鼻ガ岳/砥山0611
Mapion 滋賀県日野町
滝悠遊-滋賀南鈴鹿
歩ッ歩ッ歩:山もゆる、一歩一歩の沢めぐり
山聲-TOP
滝の全景
余談
5m以上の滝が
記載されるという
国土地理院の地形図には
この滝は記載がありません
滝壺全景
右岸手前の苔が岩肌にびっしり・・・・
落差:4m、谷に下りてから、かなり降った所で
ようやくまとまった流れに出会いました
落差:3m、斜瀑
落差:10m、斜瀑、岩の間をすり抜けてきます
滝に近寄ってみました
右岸の赤い岩肌と苔むした岩肌が
とても印象的です
砥山から下山してきました
源流部は泉や伏流水などではなく
腐葉土の下からしみ出すように少しづつ・・・・
右岸の崖をとらえてみました
林道からの姿です
大きな岩の間をすり抜ける所です
ここから沢は、別の沢から水を集め
少しづつ広くなってゆきます
林道にかかる「奥の瀧橋」
川の名前は「耶斧岨川」の銘板がついています
奥の瀧は、この橋の下流にあります
直瀑、落差:約6m(目測)、落口:2m(目測)、滝壺:大きくて深い
岩肌の赤色と緑色、そして滝の白、小規模ながら心引かれる風情です
川の呼称は難解で
(やふそ)、(やおのそ)など
が考えられました
(やおのそ)は重箱読みで
これは排除しhp掲載時は
(やふそ?)で行いました
そこで関係者に確認するのが一番ということで連絡

「耶斧岨(やぶそ)川
と読みます」
で一見落着
2006.12.06 確認回答
日野観光協会様
ありがとうございました