かいがけ-たきたにがわ 特徴 斜瀑
鎌掛-滝谷川 概要 日野川の支流の滝谷川にこの滝はあります。滝といっても落差は約2m。水系も1km四方の狭い範囲(ゴルフ場よりも狭いかも)で、水量は余りありません。滝のすぐ側には、国の天然記念物に指定されている「屏風岩」があります。この地域は、その昔「鎌掛石」と言うブランド名で建材として利用された奇岩を産したと伝えられています。 
地  域 25zs:土山/北西C
山行日 2006.05.08、(雨・曇)
山行図 正法寺山061125
Mapion 滋賀県日野町
屏風岩から崩れ落ちてきた岩があります
渓の全景です
前方の石垣は、屏風岩の展望所です
落差:2m(目測)、滝壺:小さい
山聲-TOP
滝悠遊-滋賀南鈴鹿
歩ッ歩ッ歩:山もゆる、一歩一歩の滝めぐり
岩が深くえぐられています
屏風岩を
さらに遡ってゆきますと
岩を深くえぐり込んだ
沢に出会います
   2006.11.25、追記
屏風岩の全景
斜瀑の斜め上から
谷の全景
谷は岩がえぐられたまま
S字状に曲がって下ってゆきます