どうのたに-したにのたき 特徴 斜瀑
堂の谷-支谷の滝 概要 御池川が愛知川と合流する手前の一番最初に流れ込む左岸からの谷を、「堂の谷」と呼びます。旭山の南西山域を水源とする谷です。その最上流部の支谷にこの滝はありますが名前はありません。流域の長さは、わずか0.4kmあまりの小さな支谷ですが、立派な斜瀑ができています。鬱蒼とした樹木が覆い、静寂の中にかすかな水音が響きます。
地  域 25zc:竜ヶ岳/南西NW
山行日 2010.06.17、(雨/晴)
山行図 東山/旭山1006
Mapion 滋賀県東近江市永源寺
滝悠遊-滋賀中鈴鹿
歩ッ歩ッ歩:山もゆる、一歩一歩の沢めぐり
山聲-TOP
二段斜瀑、落差:約5m(目測)、落ち口:0.5m(目測)、滝壺:なし
よくみると上部にも小滝が連なっています
連瀑の全貌です
堂の谷と滝のある支谷の合流部、滝は右上にあります
←堂の谷下流/支谷↑
堂の谷上流→