みなごやま-つぼくりだに 特徴 小滝、渓流
皆子山-ツボクリ谷 概要 皆子山の北側の支谷から派生するツボクリ谷は、名前を足尾谷と変え、安曇川に流れ出ます。流域面積は少ないため、水量は豊富ではありませんが、広葉樹が山域をおおっているため、以外に水量はあります。登山道は、この谷を左右に辿りながら進むため、渡渉や木の橋を渡ることになります。新緑や紅葉に包まれる頃が好機です。
地  域 25w:花背/南東N
山行日 2010.05.15、(晴)
山行図 皆子山1005
Mapion 滋賀県大津市
滝悠遊-滋賀湖西
歩ッ歩ッ歩:山もゆる、一歩一歩の沢めぐり
山聲-TOP
一の滝、小滝、落差:3m(目測)、滝壺:あり、渓流瀑と組み合わさりいい雰囲気
ツボクリ谷左支谷源流部
皆子山登山道はこの谷筋を登ってゆきます
ツボクリ谷の支谷から流れ落ちる滝
「幻の滝」の状態です
←左支谷・皆子山/足尾谷↓
↑右支谷
※上流から下流にかけて
  写真掲載をしています
ツボクリ谷の三つ又、右支谷は皆子山ルート外
三の滝、直瀑 落差:約4m(目測)、上流部における最大の滝、皆子山ルートは右の岩を巻く
二の滝の滝壺
三の滝の
    滝壺下流の滝の落ち口
渓流瀑
二の滝の右岸
二の滝、直瀑
落差:約3m(目測)
滝壺:あり
皆子山登山道は
滝の右岸(左)側を巻く
小滝
分岐瀑
樹木にさえぎられて
全貌は見えません
一の滝、小滝
落差:約3m(目測)
滝壺:あり
渓流瀑
←ツボクリ谷/二の谷↑
↓足尾谷
ツボクリ谷/足尾谷分岐
足尾谷にかかる
「く」の字形の木橋
ゆれて以外に怖い
足尾谷の渓流瀑
林道終点にある木橋
足尾谷の渓流瀑
足尾谷橋を(皆子山登山口)とする足尾谷河口から少し遡ったところにある小滝