きせんがわげんりゅう-こたき 特徴 小滝
喜撰川源流-小滝 概要 権現山の支尾根と、霊仙山に挟まれた全長1.0km余りの谷に、この滝はあります。流域面積が非常に小さいため、滝としての豪快な佇まいはありませんが、非常に狭い落ち口から末広がりに流れ落ちる表情には、小さいながらも安定感を覚えます。喜撰川源流にあたり、権現山登山口にあります。
地  域 25w:比良山/南西W
山行日 2008.12.03、(晴/曇)
山行図 権現山/霊仙山0812
Mapion 滋賀県大津市
滝悠遊-滋賀湖西
歩ッ歩ッ歩:山もゆる、一歩一歩の沢めぐり
山聲-TOP
小滝、落差:約3m(目測)、滝壺:非常に小さい、落ち口:約0.2m(目測)
写真で捉えると、大きな滝に引けをとらない姿です
滝壺にある石が修行僧のように思えてしまうのは・・・・
滝の上流
権現山登山口/林道終点
この滝のある谷は、権現山の南東の谷で滝谷と呼ばれ、喜撰川の源流にあたります
 ↑
小 滝
滝のてっぺん、落ち口が狭いのがわかります
↑落ち口