倒木や岩は苔むし、しばしの間渓流が続きます
よく整備された登山道は、これに平行しています
冬期の冬山が苦手な辛草などにとっては
格好の山行スポットです
最初に出会う白流
水量がそんなには無いのに岩が彫れています
登山道と平行しています
登山道はここから別れ、急に勾配がきつくなります
山聲-TOP
滝悠遊-滋賀湖南
歩ッ歩ッ歩:山もゆる、一歩一歩の滝めぐり
おとわやま けいりゅう 特徴 渓流
音羽山-渓流 概要 音羽山の東側山系を源流としたこの無名河川は、水系の範囲は狭いため、あつまる水は穏やかな表情で、水源から麓へと小さいながらも印象深い渓流を作り出し、山の息吹を感じ取れます。当然のことながら、水量は少ないので、滝めぐりの醍醐味としては劣るかもしれませんが、山の表情にインパクトを与えているのは確かなようです。
地  域 25s:京都南東部/北東E
山行日 2005.03.27、(晴)
山行図 音羽山0503 
Mapion 滋賀県大津市