歩ッ歩ッ歩:山もゆる、一歩一歩の沢めぐり
滝悠遊-滋賀湖北
きょうのたき 特徴 段瀑・斜瀑の複合瀑
経の滝  概要 横山岳南部域を水源とする網谷川の支流である白谷の中腹にこの滝はあります。落差15mほどで上部に2段の段瀑と下段が斜瀑の複合瀑です。滝壺に近接ができ、滝の醍醐味を直に味わうことができます。流域面積が狭いためでしょうか、水量は豊富ではありません。白谷は、急峻なため、植林に適さないのか広葉樹が残され、自然のダムとして渇水期においても清らかな水流を演出しています。
地  域 25n:美濃川上/南西W
Mapion 滋賀県木之本町杉野
山行日 2016.05.05、(晴)
山行図 横山岳-白谷/東尾根
ここから、太鼓橋(白谷登山口から1.3km)の上流です
白谷登山口から白谷林道を0.7km、林道を過ぎると渓流が登山道の脇に現れます
滝右岸
滝正面
段瀑・斜瀑の複合瀑、落差:15m(目測)、落ち口:2m(目測)、滝壺:小さ目
その昔、滝上に横山神社の本殿があり、写経を行なう前にこの滝で身を清めたことからこの名が付いたそうです。滝壺まで近接できます。すべらないように
小滝
クリックで拡大
クリックで拡大
太鼓橋を過ぎ0.3km(登山口から1.6km)で前方に経の滝が現れました
滝横から、てっぺんはみえません
滝右岸の登山道から
滝下から下流方向
滝左岸
滝正面
小滝
小滝
小滝
小滝
勾配が急になり、小滝が現れました
経の滝遠景
山聲-TOP