ぼだいじ-にせきりふりのたき 特徴 3段瀑、最上部:直瀑
菩提寺-偽霧降の滝 概要 菩提寺山南峰の南側中腹にあり、流域0.3km四方の水を受ける谷筋にあります。当然のことながら、平時に水はごく少量です。滝の醍醐味を味わうには、降雨時直後しかありません。その昔、少菩提寺があったころ、僧の水行の場であったとされています。現在、谷筋上下ともに砂防工事が進み、滝部分を申し訳程度に保存した格好になっています。林道が直近まであるのですが、一般車は通行止めです。滝上部からは金勝アルプス方面が垣間見えます。本物は90m下流
地  域 25e:野洲/南西E
山行日 2014.12.27、(晴)
山行図
Mapion 滋賀県甲賀郡甲西町
「霧降の滝」標識、駐車可、これから300m先にあるそうです
           階段も設置されています
滝への遊歩道、とはいうものの保守整備はされていないようです
3段瀑、最上部直瀑、落差:10m(目測)、落ち口:0.5m(目測)、滝壺:なし
花崗岩の岩肌を霧のように少量の水がながれる、それが名前の由来なのか・・・・
平成23年に、整備がされたようですが、滝位置の標識はありません
        後で解ったことですが、偽物であることが・・・・
        これが今回間違った直接の原因
        誰しも、遊歩道の先にある滝を本物と思います
        機会があれば、本物の探瀑にでかけましょう・・・・
        本物は、付近の案内板によると、下流90m(標高:150m)にあり
        落差10mほどの直瀑で、水行ができる小さな滝壺があるそうです
滝の下流、この下流90mに本物の霧降の滝があるらしい
滝の上下部分は砂防工事中、ほぼ完成のよう・・・・
最上段、直瀑
滝悠遊-滋賀湖東
歩ッ歩ッ歩:山もゆる、一歩一歩の沢めぐり
山聲-TOP