あおだき 特徴 分岐斜瀑
北谷川-蒼滝 概要 御在所岳を水源とする北谷川に、この滝はあります。御在所岳登山道の一合目近くにあり、全般的に勾配のある斜面で流れ下る北谷川は、いくつかの渓流瀑が続き、この蒼滝で一気に落差をつけ、三滝川と名前を変え、伊勢湾に流れ出ます。荒々しい岩肌をすべるように流れ落ちる表情には安定感を覚えます、静寂の中に水音が響き渡ります。
地  域 24z:御在所山/南東W
山行日 2010.08.30、(晴)
山行図 湯の山-蒼滝1008
Mapion 三重県菰野町湯の山
滝悠遊-三重中鈴鹿
歩ッ歩ッ歩:山もゆる、一歩一歩の沢めぐり
山聲-TOP
分岐斜瀑、落差:50m(目測)、落ち口:10m(目測)、滝壺:小さい
花崗岩の岩肌を勢い良く水が走るその姿は、白い岩肌が青く光るとされ、それが名前の由来
右岸から
正面から
左岸から
正面下流から
正面上部
右岸上部
正面滝壺部
右岸下部
水量の多いときは、二条の分岐斜瀑として、豪快な姿があらわれるのですが、渇水期のため一条しか流れ落ちていません。蒼滝の名前の由来による白い岩肌も、上部にその片鱗が伺えますが、足元は褐色となっています。2008年のゲリラ豪雨の残骸が、今も散見できます。