あぶらひだけ-さんばけい 特徴 段瀑、斜瀑、分岐瀑、他
油日岳-三馬渓 概要 倉部川の支流、三馬谷にある滝群を総称して三馬渓と称します。上流から天竜の滝・水竜の滝・雲竜の滝・昇竜の滝、その他、渓流瀑が散見できます。流域は油日岳と忍者岳に囲まれた1km平方余りの部分ですから、水量も多くなく、滝の規模としても大きくはありませんが、数があるということは高低差がそれなりにあるということです。
地  域 24z:鈴鹿峠/南西W
山行日 2006.04.18、(晴)
山行図 油日岳/三国岳0604
Mapion 三重県伊賀市柘植町
昇竜の滝のすぐ上の小滝
上の小滝の全貌、分岐瀑
落差約2m(目測)
天竜の滝
落差:約10m(目測)
分岐斜瀑、滝壺:小

名前のついている滝で
最上流部にあります
一番規模が大きく
全貌は樹木が邪魔になり
合成写真となりました
谷底には、崖で容易には
降りられませんでした
「天竜の滝」の天辺

この上流に小滝が散見
油日岳へは約10分ほど川沿いを進み尾根道に分岐します
天竜の滝の下にも滝があります
第一の小滝、落差約1m(目測)
第二の小滝、落差約2m(目測)
第二の小滝が上部に見えます
第三の小滝は、落差約2m(目測)
第三の小滝の滝壺付近
両側は岩で囲われています
水竜の滝 落差:約8m(上段約3m/下段約5m、目測)、
             分岐段瀑、滝壺は小さい

天竜の滝の下流にあります。上下2段に別れ、それぞれが分岐しています
水の流れは複雑で、それが返って景色に味をつけています 
「水竜の滝」の天辺
水竜の滝の近くの支流にある小滝
落差約4m(目測)
「水竜の滝」の上段部
下段部の落ち口
若干左岸側から眺めてみました
斜瀑気味になっています
雲竜の滝 落差:約4m(目測)、
             分岐瀑、滝壺は小さい

水竜の滝の下流にあります。上流に水竜の滝が見えています
下流に小さな渓流瀑がアクセントになっています
天辺近くの右岸の岩に
地蔵尊が鎮座しています
雲竜の滝の全貌です
昇竜の滝落差:約4m(上段約5m、下段約1m、目測)、
            斜瀑、滝壺は小さい

最下流にあります。上下2段に別れています
大きな岩の間を裂くように水が落ちてきます
昇竜の滝の上の滝の天辺です
昇竜の滝の天辺
昇竜の滝の全貌
渓流全域に流木が多くあります
「油日岳」山ある記 はこちらから
山聲-TOP
滝悠遊-三重鈴鹿
歩ッ歩ッ歩:山もゆる、一歩一歩の滝めぐり