たきたにがわけいりゅう 特徴 渓流、斜瀑
青山高原-滝谷川渓流 概要 青山高原には布引の滝という名瀑がありますが、その滝の上流にも渓流は続いています。川底の岩が水で浸食され、滑滝や小規模の斜瀑がみられます。また、多くはないのですが、甌穴(おうけつ:ポット ホール)も見られ、悠久の時間と水の力の偉大さを見せ付けられます。流域は広くないので、平常時の水流は非常に穏やかな雰囲気です。
地  域 24:佐田/南西C
山行日 2005.05.25、(晴)
山行図 青山高原
Mapion 三重県白山町
うっそうとした木々の間に、ぽっかりと光の筒が立ち上がります
スポットライトのように滝壺が照らされ
背景に描かれた大道具には、滝が描かれています
そんな状況の空間が演出されていました、まるで劇場の舞台を見ているようです
侵食された川底の岩は
ヤスリで磨かれたように
滑らかです
水流の勢いも
強いのでしょう
岩が彫られています
写真の奥に
かかっている橋は
林道への迂回路で
滝見台に
つながっています
通常、沢の右側沿いを
歩くわけですが
水量が多いときは
水下にある
布引の滝で
渡渉できません
そこでこの橋が
必要に・・・・
布引の滝だけにとどまらず
その上流にも
小さいながらも
キラリとひかる
水みちがありました
山聲-TOP
滝悠遊-三重県
歩ッ歩ッ歩:山もゆる、一歩一歩の滝めぐり