ぬのびきのたき 特徴 斜爆、連瀑
青山高原-布引の滝 概要 青山高原のハイライトとでも申せましょう。この滝を見たさに、東青山駅からのルートを選びます。この滝は連瀑で、一番上が霧生滝、二番目が飛竜滝、三番目が大日滝という名称がつけられ、布引の滝はその総称です。山中の谷あいに、白い布を引いたような、光景が広がっています。新緑の中に岩を縫って滑り落ちる様は、詩情をかきたてます。
地  域 24:佐田/南西S
山行日 2005.05.25、(晴)
山行図 青山高原
Mapion 三重県白山町
滝見台からの
景観です
水量が多いときは
四つの滝が
見えるのですが
この時期は
水量が少なく
上の滝:霧生滝が
見えませんでした

新緑に覆われた滝
紅葉に輝く滝
四季折々に
ハイカーを魅了して
やみません

ここに行くには
東青山駅から
約4.0km
約1時間30分の
道のりです
一番上の滝:霧生滝
落差10m程の末広がりの豪華な斜瀑です
前方の岩に阻まれ
正面の全景は捉えられませんでした
丸木橋を渡って
滝の左側に行き
二段目の飛竜滝を
見上げました
崖にはばまれ
近づくことはできません

新緑と薫風と水音の
ハーモニー
時の流れを
忘れてしまいます
この石碑は2段目の(飛龍滝:上滝)と3段目(大日滝:下滝)を眺めるところにたてられています
石碑は暗くて読めませんが、「三瀑宣傳者大倉翁碑」と彫られていました
布引の滝は、日本全国各地にあり、この地の滝は連瀑の総称です。
滝見台から約80m下ると
渓流に出会います
楚々とした水流と音が
滝が近いことを知らしてくれます
樹間から
布引の滝の
四段目が見えてきました
最初の渓流瀑
がけ下5m程の位置にあり
容易には近づけません
四段目の滝の
上から見ました
四段目の滝の全景です
上に寄丸木の桟橋が
かかっているのがみえます
落差は約10mの分岐瀑

この滝の名称はわかりません
三段目の大日滝です
桟橋の上に立ってみました
白い布を流したような斜瀑です
ゆらゆらと滑り落ちてきます
飛竜滝
滝上にやってきました
当然のことながら
滝壺は見えません
岩の際に名残のツツジが
彩を添えていました
霧生滝の上から
眺めてみました
山聲-TOP
滝悠遊-三重伊勢
歩ッ歩ッ歩:山もゆる、一歩一歩の滝めぐり