みなみやつがたけ/きたさわ 特徴 渓流瀑
南八ヶ岳/北沢 概要 南八ヶ岳の登山道で、美濃戸から赤岳鉱泉に至る間、この北沢にそって高度を上げてゆきます。硫黄岳山域を源流とし、水量も豊富です。一方美濃戸から行者小屋の沿って流れるのは、ほとんどが伏流水の南沢です。今回遡上した景観のすばらしい北沢を紹介します。
地  域 20s:八ヶ岳西部/北東E
山行日 2006.08.23、(晴)
山行図 八ヶ岳0608
Mapion 長野県茅野市
滝悠遊-中信八ヶ岳
歩ッ歩ッ歩:山もゆる、一歩一歩の沢めぐり
山聲-TOP
北沢のハイライトゾーンです
横岳の一部が見えてきました
赤岳鉱泉はもうすぐです
堰堤が見えてくると
美濃戸から赤岳鉱泉のほぼ中間です
ここから、沢沿いのコースと
増水時の山手コース(巻き道)にわかれます
本日は、水量が少ないので沢沿いコースです
渓流瀑が
次から次へと現れては消え
消えてはあらわれます
そのお陰で
疲労度も半減します
ここで一息、真夏の昼下がりはさすがにこたえます
沢に手を浸け、ひと時の清涼感にひたります