ゆだき 特徴 分岐斜瀑
湯川-湯 滝 概要 奥日光地域を代表する滝の一つで、華厳滝、龍頭滝と共に奥日光三名瀑のひとつとされています。日光白根山の麓に位置する湯ノ湖の南岸から斜面を流れ落ちる滝で、落差50m、幅25m。戦場ヶ原を流れ下り湯川の末流で竜頭の滝から地獄川と名を改め、0.5kmで中禅寺湖に流入します。湯ノ湖一帯もあちこちから湯が湧いているが、滝を流れ落ちるのは湯ではなく水です。特に、滝壺の観瀑台からは目の前に迫った滝を間近に見ることができます。下流には小滝があります。
地  域 09:男体山/北西SE
山行日 2014.09.10、(曇)
山行図 09_戦場ヶ原
Mapion 栃木県日光市湯元
下流からの姿
下流遊歩道
中間分岐部の表情
滝斜面の表情
中間部分岐部の表情
滝上部の表情
観瀑台からの眺め
分岐斜瀑、落差:50m(公称)、落ち口:5m(目測)、幅:25m(公称)、滝壺:あり
滝の下部が二つに分岐し斜めに流れ落ちる。かつては中央に落葉樹が立っていたそうです
滝壺近くに観瀑台があり、滝の飛沫を全身で感じることができます
滝悠遊-奥日光
歩ッ歩ッ歩:山もゆる、一歩一歩の沢めぐり
下流木の間越しからの表情
山聲-TOP