滝悠遊-山形庄内
もがみ-しらいとのたき 特徴 直瀑※(斜・段・複合瀑)
最上-白糸の滝 概要 最上川沿いには、最上四十八滝という滝群があり、西端(下流域)にある白糸の滝は、その中でも最大の滝です。最上川に落ちる水が、白糸のよう見えることから名付けられ、日本滝百選に選定されているます。対岸の白糸の滝ドライブインに展望台から、正面に滝が望めます。ここ滝を、船上から眺める「最上川舟下り」も観光コースの一つになっています。
「白糸の滝は、青葉の隙々に落ちて、仙人堂、岸に臨みて立つ。水みなぎつて舟危し」(『おくのほそ道』、松尾芭蕉)
地  域 06:清川/南西E
山行日 2015.09.16、(晴)
山行図
Mapion 山形県戸沢村古口
※滝百選の分類、( )内は編集子の視覚したところの分類です
最上川舟下り 詳細はこちらから
滝壺に近接するには、下流3kmにあるさみだれ大堰を渡り、最上川沿いの道を滝手前約0.3kまで侵入し、あとは自分で道を切り開きます。しかし、全貌は見えません
白糸の滝ドライブインからの眺め
白糸の滝ドライブインからの眺め
船上からの眺め
直瀑※(段・斜・複合瀑)、落差:120m(目測)、落ち口:10m(目測)、滝壺:落差に比して小さい
樹木が支障となり、全貌は見えません。最上峡にある48滝群の中で秀逸の景勝を誇ります
白糸の滝ドライブインからの眺め、不動堂が近くにあります
歩ッ歩ッ歩:山もゆる、一歩一歩の沢めぐり
山聲-TOP