ふたくちけいこく-あねたき・いもうとたき 特徴 姉滝:直瀑、妹滝:二段斜瀑
二口渓谷-姉滝・妹滝 概要 姉妹滝は、二口渓谷の入口で、名取川が大行沢と本流とが合流する本流の約1.5km上流にあります。姉滝は本流にかかる直瀑で、かつては天然記念物に指定されていた名瀑でしたが、現在は、岩盤が崩落し、普通の直瀑になっています。滝つぼを同じくする妹滝は名取川の支流から流れ落ちます。二つの滝を総称し、姉妹滝というのでしょうか。
地  域 05:作並/南西W
山行日 2009.10.15、(晴)
山行図  二口渓谷
Mapion 宮城県仙台市秋保町
滝悠遊-宮城川崎
歩ッ歩ッ歩:山もゆる、一歩一歩の沢めぐり
山聲-TOP
姉滝てっぺんの岩場に実をつけたマムシグサ
左が支流の妹滝、落差16m(目測)段瀑、右が名取川本流の姉滝、落差12m(目測)、直瀑
二口林道に「姉滝」の標識があります
林道路傍空地に駐車スペースあり
遊歩道を下ってゆくと滝見台があります
姉妹滝へは「二口峡谷自然歩道」を利用し、林道から川に降りてゆきます。スリップに注意
滝近くによるには、沢の中に入ることになります
姉滝、落差12m(目測)、、落ち口:約2m(目測)、滝壺:小さい
手前の枝の部分が岩の天井となりそれが崩落したとは現在では想像だにできません
姉滝のてっぺん
姉滝の上流部
かつては穴滝と呼ばれ、滝壺に洞穴状の穴が空いており、そこに流れ込む姿が珍しかったため(甌穴と滝とが結合した珍しいもの)、1934年に国の天然記念物に指定されました。しかし、1946年(昭和21)年に岩盤が崩落し、現在はごくごく普通の直瀑となってしまったといわれています。しかし、いつの日か、侵食が進行し元のような状態になることは十分にあるとされています。
天然記念物に指定されている滝は、姉滝以外に4箇所ぐらいしかなく、たがって姉滝は極めて学術的価値の高い滝と言うことになります。しかし、指定になった状況が、崩落により破壊されているのはまことに残念なことです。ゆえに、日本百名滝からも外れているのだろうと推測しています

姉滝のほかに
称名滝(富山県)
吹割瀑並びに吹割り渓(群馬県)
白糸ノ滝(静岡県)
阿寺の七滝(愛知県)
などがあります
姉滝のてっぺん
奥に見えているのは妹滝
左が支流の妹滝、落差16m(目測)、落ち口:2m(目測)、滝壺:あり
二段斜瀑、全貌を見るには沢に入る必要があります
姉滝の観瀑台から眺める妹滝
滝の下流から妹滝を見つめます
姉滝観瀑台からの妹滝望遠
妹滝の上段部
滝壺ラインからの望遠
遊歩道の橋、下流方向を見ています
橋の上からの下流方向
妹滝の下流から上流方向を眺めます
橋の下流の渓流瀑
遊歩道の上から俯瞰
幻の滝、落差:約30m(目測)、落ち口:2m(目測)、滝壺:ポットホール、斜瀑、姉滝の上流1.5km
集中豪雨時や雪解け時に現れる滝、渇水期にときはご覧のとおり痕跡だけ・・・・
幻の滝の滝壺であるポットホール(甌穴)
小滝がながれこんでいます
幻の滝の横顔
幻の滝の下流:渓流瀑
幻の滝近くから眺める磐司岩の一部