げんびけい 特徴 渓谷
厳美渓 概要 厳美渓は栗駒山の噴火によって堆積したデイサイト質凝灰岩が、磐井川の水流によって浸食され、形成されたものです。奇岩、瀑布、深淵と様々な表情を見せていますが、特に川底には甌穴(おうけつ:ポットホール)の発達が顕著です。これは巨石の隙間を流れた礫(小石)が水流の中で暴れて弧を描き、岩盤を球状に削っていったもので、貴重なものです。
地  域 03:平泉/南西C
山行日 2012.10.20、(晴)
山行記 厳美渓
Mapion 岩手県一関市厳美町
分岐斜瀑、落差:50m(目測)、落ち口:10m(目測)、滝壺:小さい
花崗岩の岩肌を勢い良く水が走るその姿は、白い岩肌が青く光るとされ、それが名前の由来
小松滝
無名滝の上に甌穴が見える
天工橋から上流側真下にある無名滝
渓流
惜の滝
滝悠遊-岩手平泉
歩ッ歩ッ歩:山もゆる、一歩一歩の沢めぐり
山聲-TOP
長者滝、分岐瀑、落差2m(目測)、落ち口:3m(目測)、滝壺:あり