歩ッ歩ッ歩:山もゆる、一歩一歩の山あるき
かまくらだいぶつ ルート 鎌倉大仏(13:10/13:50)
鎌倉大仏
地  域 14:鎌倉/北西N 高徳院は、山号:大異山、院号:高徳院、寺号:清淨泉寺、宗派:浄土宗(草創期:真言宗)、本尊:阿弥陀如来(国宝)、創建年:不詳、開山:不詳、開基:不詳、別称:鎌倉大仏。鎌倉のシンボルともいうべき大仏は、当初、銅造ではなく木造であったようです。露坐となり荒廃が進んだ大仏を、江戸中期に浅草の商人の喜捨を得て、鎌倉大仏の鋳掛修復に着手し、「清浄泉寺高徳院」と称する念仏専修の寺院として再興されました。大仏は、像高約11.39m(台座を含め高さ13.35m)、重量約121トン。鎌倉期に流行した「宋風」の仏像の特色を示しており、鎌倉時代を代表する仏教彫刻として国宝に指定されています。また、後世の補修が甚大な奈良・東大寺の大仏と比べ、ほぼ造像当初の姿を保っている点も貴重です。造像当初は、表面に金箔を貼っていたとされており、現在でも右頬に金箔の跡が確認できます。像内は空洞で、人が入ることができ、一般拝観者も大仏内部を見学することができます。
Mapion 神奈川県鎌倉市長谷
標  高 14m/10m=04m
距  離 約―km、斜度:max―゜
体力度 ―P、Θ
山行日 2018.06.26、(晴)
形  態 日帰り:3名
時  間 所要00:40/歩行00:10
アクセス 自家用車、06:00
備  考 特に支障なし
大仏内部案内板
大仏右背面
大仏中景
仁王門 詳細はこちらから
門前の石柱
クリックで拡大
大仏内部左側面
大仏後石柱
大仏頭部見上げ背面
大仏頭部見上げ前面
大仏内部腹部
大仏側面
大仏右正面見上げ
大仏左正面見上げ
睡蓮
香炉
大仏正面
大仏左正面
大仏中景
大仏遠景
手水鉢裏面
手水鉢表面
手水舎
中門
クリックで拡大
説明板
山聲-TOP
山悠遊-神奈川鎌倉