探訪記-山形庄内
歩ッ歩ッ歩:山もゆる、一歩一歩の山あるき
りゅうたくさん-ぜんぽうじ 概要 善寳寺は、宗派:曹洞宗、山号:龍澤山、本尊:薬師如来。平安時代、妙達の開いた天台宗の竜華寺を、永享年間(1429〜1441)太年浄椿が再興、善寶寺と改称。竜神を祭り、航海・漁業の守護神として信仰される。 妙厳寺(豊川:稲荷)、最乗寺(南足:柄天狗)と並ぶ曹洞宗三大祈祷所。江戸時代から明治初期に建立された再建・諸堂が現存します。また、平成2年(1990)頃に、貝喰池のコイが「人面魚」として耳目を集めたことは記憶に新しい。
龍澤山-善寶寺
地  域 06:湯野浜/南西W
Mapion 山形県鶴岡市下川
山行日 2015.09.14、(晴)

境内案内板

参道入口

龍華庵:善寶寺の前身

五重塔

三十三観音堂

五重塔(魚鱗一切供養塔)

総 門 詳細はこちらから 

五百羅漢堂

五百羅漢堂正面扉上彫刻

五百羅漢堂正面柱上彫刻

彌勒堂

彌勒菩薩石造

彌勒堂扁額「龍葉楼」?

総門・五重塔・山門

手水舎、 山 門 詳細はこちらから

本堂への石段

香所

香炉

香炉

感應殿(本堂)

本堂扁額「感應殿」

お守り授与所・受付

慈照殿

慈照殿扁額「慈照殿」

龍王殿への通路、扁額「開運殿」、通行自由

龍王殿 詳細はこちらから

石塔、長峰道へすすむと石仏があります

階段を上がると長峰道へ続きます

途中に御堂が見えてきました

秋葉堂

長峰道:貝喰の池に通じています、山越えです

長峰道(帰路)から慈照殿と僧堂俯瞰

龍王殿通路(帰路)、左は本堂

僧堂(座禅堂)

僧堂扁額「道佛場」?

鐘楼

鐘楼から五重塔の相輪

本堂(帰路)

総受付脇からの五百羅漢堂俯瞰

本堂から山門俯瞰

五百羅漢堂前からの総門・五重塔・山門

五百羅漢堂横からの総門・五重塔

放光堂

放光堂扁額「放光堂」

位牌堂

門前道路

脇参道

門前道路

旧庄内鉄道善寶寺駅舎

旧庄内鉄道善寶寺駅舎前広場

貝喰の池 詳細はこちらから

門前耕作地からの月山方向パノラマ(30〜230°)
   
山聲-TOP