やぶにんじん 北海道から九州に分布し、山野の林の縁、竹藪などの日陰に生育する多年草。高さ30〜70p。葉は長さ7〜30pの2回3出羽状複葉で、薄くて柔らかく、裏面は白っぽい。小葉は卵形で、縁には粗い鋸歯があります。枝先に複散形花序をつけ、小花序に少数の白色の5弁花をつけます。花序の下の総苞片はあり、小花序の下にある小総苞片は下を向き、花には、両性花と花柱が退化した雄花とがあります。由来は、葉の様子がニンジンの葉に似て、藪に育成していることから。
藪人参
科 目 セリ科
花 期 4月から5月頃
山聲-TOP
山の彩り-山野草
山野草-TOP