ちゃ 玄幸は中国南部とされ、アジア一帯に分布する常緑樹木。よく枝分かれをし、細長い卵形で艶のある濃い緑色の葉を互い違いに生やす(互生)。葉の脇に白い5弁花を少数ぶらさがるようにやや下向きにつける。花冠は白く、径2〜2.5cm、ツバキの花に似るが、花弁が抱え込むように丸っこく開き、黄色い雄しべがたくさんある。 若葉を摘んで緑茶や紅茶を作るために、アジア一帯で広く栽植されている。日本では、暖地では野生化しており、九州には自生するものもある。
科 目 ツバキ科
花 期 10月から12月頃

佐和山、撮影日:2013.01.24

古橋、撮影日:2010.11.19

古橋、撮影日:2008.11.13

山聲-TOP
山の彩り-山野草