つくばねうつぎ 本州の東北地方以南分布し、丘陵地や山地に生育する落葉低木。葉は対生し、葉身は広卵形から長楕円状卵形で、縁にはあらく不規則な鋸歯があり、葉の両面には短い毛が生えるが、表面には生えない場合がある。枝の先端から共通花柄を出し、5個の同じ長さの萼片をつけ、ふつう2花をつける。花冠は二唇状の鐘状漏斗形で、白色、黄白色、ときに黄色、まれにピンク色になる。名の由来は、果実がプロペラ状の萼片をつけ、羽根突きの「衝羽根」に似ることによる。
衝羽根空木
科 目 スイカズラ科
花 期 4月から6月頃

ブンゲン、撮影日:1009.06.03

山聲-TOP
山の彩り-山野草