すいせん 地中海沿岸地方原産の多年草。から早春にかけて開花し、花の少ない季節の花壇を彩っている。海岸近くの草地に自生しているものは園芸種が野生化したもの。鱗茎の中心から花茎を出し、周囲に2〜5個の線形の葉を出す。花径は3〜4cmで花被片が後ろに反転するシクラメン咲きで、細い花茎の先に1花をつけ、副花冠(ラッパ部)はオレンジ〜黄色、花被片は白色でありラッパ部と花被片は等長である。 地下にラッキョウ型の球根があり、これで増殖する。
水 仙
科 目 ヒガンバナ科
花 期 12月から3月頃

鳥居本、撮影日:2010.02.08

太郎坊、撮影日:2012.01.17

鳥居本、撮影日:2008.03.17

山聲-TOP
山の彩り-山野草