しろばなたんぽぽ 日本在来種であり、本州関東以西に分布し、西の方ほど多い多年草。地際に切れ込みのある葉をロゼット状に広げる。葉の中央から真っ直ぐに伸びた茎の先に花をつける。花径は4センチくらいである。白く見える部分は舌状花(頭花を作る1つ1つの小さな花)の花冠(「花びら」に見える部分)で、中央の花柱部は黄色である。萼のような総苞片はやや反り返る場合もあるが、ほとんどめくれない。 最近では関東地方でも見かけるが、どちらかというと西日本に多い。
白花蒲公英
科 目 キク科
花 期 3月から5月頃

津和野市、撮影日:2011.04.17

山聲-TOP
山の彩り-山野草