せんにんそう 日本全国に分布する半木本性の常緑ツル植物。葉は3〜7枚の小葉からなる羽状複葉で、向かい合って生える(対生)。小葉は、やや艶があって厚みがある卵形。先は尖り、縁にぎざぎざはない(全縁)。葉の脇に花径2〜3cmくらいの白い花をたくさんつける。花弁状に見えるのは4枚の萼で十字形に開く。棘もないので一見牛馬が食べるには手頃な柔らかさのように思えるが、毒草であり、牛や馬は食べない。名の由来は、果実の先につく長い毛を仙人の髭に見立てた。
仙人草
科 目 キンポウゲ科
花 期 8月から9月頃

虎御前山、撮影日:2013.09.09

山聲-TOP
山の彩り-山野草