おとこえし 日本各地で、日当たりのよい草地などに生育する大型の多年草です。草丈は60cmから100cmほど。葉はやや大きく、多くの場合、葉先の裂片が大きな羽状に深裂しています。花は、白色で茎頂で径4mmほどで花冠は5裂、枝を分け、その先に平らな傘型に小さな花を多く密につけます。全草に特有の腐敗臭があり、生け花などにすると水が臭くなります。 オミナエシを女性にたとえて、全草に毛があり、茎も太く壮大なことから、男に見立てて、オトコエシの名になった
男郎花
科 目 オトギリソウ科
花 期 8月から10月頃

柳ケ瀬山、撮影日:2008.09.17

山聲-TOP
山の彩り-山野草