むしかり 北海道〜九州の山地に分布し、ブナ林や針葉樹林内に生育する落葉小高木。よく分枝して茂り、高さ2〜4mほど。葉は枝に対生し、形は円形で先端は尖り縁は全縁になります。葉脈がシワ状に目立ち、形が亀の甲羅に似ています。白色の小さな両性花のまわりに大きな5枚の花弁を持つ装飾花が縁どります。花序の基部に柄が発達せず、葉腋から直接でます。夏に赤い実をつけ、秋には黒色に熟す。由来は、葉を虫が好むことから。別名:オオカメノキ(大亀の木)
虫狩
科 目 レンブクソウ科
花 期 4月から6月頃
山聲-TOP
山の彩り-山野草
山野草-TOP