もみじいちご 本州の東北地方から中部地方にかけて分布し、山野に成育する落葉低木。高さは1〜2m、 枝や葉の柄、葉の裏面には棘がある。葉は卵形で手のひら状に3つから5つに裂け、互い違いに生える(互生)。葉のつけ根の部分は心形で、縁は重鋸歯(大きなぎざぎざに更に細かなぎざぎざがある)である。葉の脇に白い花を下向きにつける。花びらは5枚、萼筒は杯形で萼片の先は尖る。 葉がもみじに似ているためこの名がある。黄色い実をつけるため黄苺の別名がある。
紅葉苺
科 目 バラ科
花 期 4月から5月頃

七尾山、撮影日:2008.04.29

山聲-TOP
山の彩り-山野草