みやまかたばみ 本州から九州に分布し、山地の林の下に生育する多年草。柄の長い3つの小葉をもつ葉を根生する。小葉の先端は切形になり、中央がへこむ。白い5枚の花弁の花を咲かせる。花の直径は3〜4cmで、白い花弁に紫色の筋があるものもある。雄しべは10個あるが、そのうち5個は短い。雌しべの柱頭は5裂する。花期が過ぎると閉鎖花をつける。名の由来は、傍食(カタバミ)、片食(かたばみ)で睡眠運動の時に、片方が欠けて、食べたように見えることから。
深山片喰
科 目 カタバミ科
花 期 3月から4月頃

谷山、撮影日:2009.04.18

東武奈山、撮影日:2008.04.16

山聲-TOP
山の彩り-山野草