みやまはこべ 日本固有種、北海道から九州にかけて分布し、 山地の林の中のやや湿り気の多い場所に生育する多年草。葉には柄があって、ハコベより大きい。葉の色は黄緑色で、向かい合って生える(対生)。葉の形は幅の広い卵形。葉の裏の縁や脈の上、柄の部分などにも毛が生えている。上部の葉の脇から毛の生えた花柄を出し、1個ずつ花をつける。花径は10〜15mmくらい。花びらは5枚で、切れ込みが深いので10枚のように見える。花びらが萼よりも長いのも特徴。
深山繁縷
科 目 ナデシコ科
花 期 5月から7月頃
山聲-TOP
山の彩り-山野草

伊吹-国見岳、撮影日:2008.05.21