こぶし 北海道から九州に分布する落葉高木。山に春を呼ぶ植物として歌にも歌われる。冬芽は毛に覆われた厚い鱗片に包まれており、花芽の冬芽は大きく膨らんでいる。低地では花がまず咲くが、海抜の高い場所では花と葉が同時に出る。花は白く、花弁は6枚で中心に近い部分は赤味を帯びる。顎片は3枚で花弁とよく似ているが小さい。雄しべは多数あって雌しべ(群)の根元に位置している。名の由来は、果実がコブ(瘤)状になることと、中から種子、シ(子)が出ることから。
辛 夷
科 目 モクレン科
花 期 3月から5月頃
花だけを見ていると、ハクモクレン・タムシバ・コブシの見分けが付きにくい。
花の下に小葉が付くのがコブシ、付かないのがタムシバとよく言われるが
蕾の時や咲き始めは葉が見えない場合があります。
ハクモクレンは、他の2種に比べ花が大く、きちんと上向きに咲きます。
コブシは低山に咲き、タムシバは奥山と言われる様な、高い所で見る事ができます。
山聲-TOP
山の彩り-山野草