きくざきいちげ 近畿地方以北に分布し、落葉広葉樹林の林床などに生育する多年草。高さ10〜30pで、白色〜紫色の花を一輪つけます。春先に花を咲かせ、落葉広葉樹林の若葉が広がる頃には地上部は枯れてなくなり、その後は翌春まで地中の地下茎で過ごします。茎葉は3個が輪生し、3出複葉で小葉は羽状に深裂し、鋸歯があります。葉はほぼ水平に展開し、垂れ下がりません。キクに似た花を一輪つけることからこの名がつきました。別名:キクザキイチリンソウ(菊咲一輪草)。
菊咲一華
科 目 キンポウゲ科
花 期 3月から5月頃
山聲-TOP
山の彩り-山野草
山野草-TOP