ひがんばな 日本全土に分布し、人里に近い川岸や田の縁などに生育する多年草。花の咲く時には葉はなく、花の後に線状の葉が出て、翌春に枯れる。花茎の先に白い花をつける。花被片は6枚で強くそり返り、長い雄しべが目立つ。鱗茎にリコリンというアルカロイドを含み、有毒植物とされている。漢方では鱗茎を石蒜(せきさん)と言い、去痰、催吐薬にする。また鱗茎中には大量のデンプンが含まれ、水にさらすと食用になる。 別名:マンジュシャゲ(曼珠沙華)
彼岸花-白花
科 目 ヒガンバナ科
花 期 9月から10月頃

当尾の里、撮影日:2012.09.27

山聲-TOP
山の彩り-山野草