あまな 本州の福島県から九州にかけて分布し、土手や林の縁などに生える多年草。草丈は15〜20cmくらいである。根際から生える葉は線形で、2枚が向かい合って生える(対生)。茎は細く、苞(葉の変形したもの)が2、3枚つく。茎先に普通は1輪の花をつける。花の色は白く、花びらの外側に赤紫色の筋がある。花は陽射しを受けると開く。名の由来は、根茎に甘みがあり食用になるところからきている。若葉も食用とされる。根茎を干したものは生薬で、解熱薬とされる。
甘 菜
科 目 ユリ科
花 期 3月から4月頃

霊仙山、撮影日:2013.05.04

山聲-TOP
山の彩り-山野草